黒にんにくの通販なら青森県産の福地ホワイト6片がおすすめ!

黒にんにくを通販するなら青森県産の福地ホワイト6片を使用して作られた黒にんにくがおすすめです。

黒にんにくは普通のにんにくをある一定の温度で長時間かけて発酵をさせたもので、にんにくに含まれる栄養素が増加した栄養価の高い発酵食品です。

品質の良い黒にんにくを通販するなら、最高品質のにんにくといわれる青森県産の福地ホワイト6片を使用して製造された黒にんにくを選ぶのがポイントです。

黒にんにくを通販するならどこの販売店がおすすめ?

青森県産の福地ホワイト6片を使用した黒にんにくを販売しているのは、青森県田子村にある株式会社岡崎屋です。

青森県でとれた新鮮なにんにくを地元で加工し、鮮度のよいにんにくを使用しています。

また自社で用意している冷蔵設備は最新のニンニク専用設備で、年間を通して高い品質を保持することができ、いつでも黒にんにくを供給する態勢を整えています。

原材料はにんにく以外何も使用せずに、添加物などは一切使用していないので安心です。

原料のにんにくは残留農薬試験を受け、製造された黒にんにくは細菌検査を実施するなど、安全性にもこだわっています。

黒にんにくの熟成のために、最新の遠赤輻射効果を利用した黒にんにく製造機を導入し、温度と湿度をコントロールしながら長期間熟成させることにより、しっとりとしたフルーティーな味わいの黒にんにくを作り上げています。

青森県産の福地ホワイト6片は何が凄いの?

にんにく生産量日本一を誇る青森県では、日本で最も有名で人気の高い品種といえる福地ホワイト6片を多く栽培していて、青森県の気候に合った福地ホワイト6片は、味も濃厚で粒も大きく最高品質のにんにくになっています。

福地ホワイト6片を栽培している青森県南地方は朝晩の気温差があるため辛味よりも甘味が強く、雪が積もるのでにんにくが冬の間糖分を蓄えさらに味が良くなります。

元々県南地方では畜産業もさかんで、牛糞などの有機堆肥は豊富にあるため、じっくりと発酵させた良質な堆肥を使用し、肥沃な土壌でにんにくが栽培されています。

黒ニンニクと普通のニンニクの違いは?黒くなるとどうなるの?

黒にんにくはにんにくを長時間一定の温度で発酵させることによって出来ますが、その違いは含有される栄養素です。

普通のにんにくと比べるとS-アリル-L-システインが16倍、アルギニンが3倍、総ポリフェノールが6倍、その他にもγ-アミノ酪酸(GABAギャバ)、ピログルタミン酸など各種アミノ酸が含まれています。

普通のにんにくも健康効果が高いといわれていますが、黒にんにくにするとさらに健康効果が高まり、抗酸化作用も10倍になると報告されています。

熟成させることによって、にんにくで気になる匂いも大幅に減少し、特有の強いニオイはなくなっているので、匂いが気になる方でもとても食べやすくなっています。

味も刺激の強い味ではなく、ドライフルーツやプルーンのような味になり食感もとても柔らかく美味しいです。

福地ホワイト6片を使った黒にんにくの値段は?

株式会社岡崎屋の純黒にんにくは1箱6個(にんにく6房:約36粒)入りで4,212円、12個入りなら約10%引きで7,776円で購入することができます。

1日1粒食べるペースなら6個入りで大体1ヶ月分という感じですね。

12個入りなら割引でお買い得になる上に、全国送料無料で代引き手数料も無料になります。

送料のことも考えると、12個入りはかなりお得になる買い方ですね。