黒にんにくで白髪が改善する?効果が期待できる成分が入った黒にんにく!

年齢を重ねるうちに気になってくるのが白髪ですよね。

ほんの2、3本なら気にならないし目立たないけど、10本20本と増えてまだらになっていくうちに徐々に目立ってきますよね。

そこで目を付けてみたのが黒にんにくです。

黒にんにくは普通のにんにくを熟成させて黒くしたものですが、にんにくに含まれる栄養素が格段に増加しているのが黒にんにくの大きな特徴です。

黒にんにくには白髪改善に効果が期待できる栄養素が入っているので調べてみました。

黒にんにくに入っている白髪の改善に効果が期待できる成分は?

黒にんにく含まれる栄養素で白髪の改善に効果が期待できる成分は、アルギニンやS-アリルシステインを代表とする各種アミノ酸です。

アルギニンのアンチエイジング効果で白髪予防に!

アルギニンはアミノ酸の一つで成長ホルモンの分泌を促してくれる若返りにはもってこいの成分です。

アルギニンは体内で、一酸化窒素を作る作用があり、血管を拡張させ若返らせることがわかっています。血管が柔らかくなると、老廃物の排泄を促したり、血流が良くなるので、頭皮や髪の毛への栄養供給がスムーズになります。

頭皮や髪の毛が栄養不足になると白髪の発生しやすい状態になってしまうので、アルギニンが入った黒にんにくは白髪予防や改善に効果が期待できそうです。

S-アリルシステインが白髪に効果が期待できる理由は?

S-アリルシステインという成分は普通のにんにくにはほとんど含まれていませんが、黒にんにくにすると10倍以上に増加するデータがあります。

S-アリルシステインは強力な抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれる働きがあります。活性酸素は白髪の原因ともいわれているので、これを除去してくれるS-アリルシステインは白髪改善の強い味方です。

各種アミノ酸も白髪改善に有効

髪の毛や色素のメイン材料となるのがアミノ酸です。

黒にんにくに含まれる各種アミノ酸は、普通のにんにくと比べて大幅に増加しています。また総ポリフェノールは6倍に増加しているデータもあり、ポリフェノールも抗酸化作用があるので白髪改善に効果が期待できます。

白髪改善にはどの黒にんにくでもいいわけじゃない!

黒にんにくには白髪改善の栄養素が入っているのですが、一定の条件で作られたものでないと栄養価が増加しないこともわかっています。

そのポイントは低温熟成で作られた黒にんにくです。

決められた温度、湿度、時間を守り、じっくりと熟成させたものでなければ黒にんにくに含まれる、アルギニン、ポリフェノール、各種アミノ酸は増加しないといわれています。

ということで黒にんにくなら何でもいいというわけではないんですね。

低温熟成で作られた「純黒にんにく」がおすすめ!

低温熟成で作られた黒にんにくは、岡崎屋という黒にんにくの販売をしている会社の「純黒にんにく」がおすすめです。

岡崎屋は青森県田子村にある会社で、この田子村というのが福地ホワイト6片で有名なにんにくの産地なんです。

福地ホワイト6片はにんにくの品種の中でも最も知名度の高いにんにくで、味や形どれもが高品質といわれています。

その高品質なにんにくで作られた黒にんにくが高品質なのはいうまでもありません。

さらに岡崎屋の純黒にんにくはきっちりと有効成分を分析してホームページで公表しているので、含有されている栄養素の量には信ぴょう性があります。

黒にんにくで白髪を改善したいという方には、岡崎屋の純黒にんにくがおすすめです!