ブラックダイヤとも呼ばれる黒にんにくはなぜ黒いの?

黒にんにくはその見た目からブラックダイヤとも呼ばれている食品です。

黒にんにくは、普通のにんにくを熟成させることにより、色が徐々に白から琥珀色を経て黒い色に変化していきます。

黒にんにくが注目されている理由は、その熟成の過程で大幅に増加する栄養素がもたらす健康効果や美容効果です。

ではなぜにんにくを熟成させると黒くなるのでしょうか?

にんにくが黒くなるのは何故?

にんにくが白から黒に変わっていく理由は、熟成させていく過程でメイラード反応といわれる化学反応が起きているからです。

メイラード反応とは、アミノ酸と糖分を加熱したさいに見られる褐色物質(メラノイジン)を生み出す反応のことをいいます。

ちょっと難しそうな話ですが、実はとても身近な化学反応で、肉を焼いたときの色の変化や、玉ねぎを炒めたとき、コーヒー豆の焙煎、みそやしょうゆの色素形成などはこのメイラード反応によるものです。

にんにくがメイラード反応によって黒にんにくになると、糖度が増えてまるでドライフルーツのような甘さと酸味がうまれます。

にんにくの気になる匂いも低減されるので、朝食べても全然問題ありませんよ。

低温で熟成された黒にんにくは栄養素がしっかりと増加!

にんにくを上手に熟成させるには、温度と湿度を管理が必要です。

一口に黒にんにくといっても、しっかりと熟成させたものでなければ黒にんにくに含まれる、アルギニンやポリフェノール、アミノ酸等は増加しません。

しっかりと栄養素が増加した黒にんにくをお探しであれば岡崎屋の純黒にんにくがおすすめです。

じっくりと低温熟成させた岡崎屋の純黒にんにくがすごい!

岡崎屋の純黒にんにくは、遠赤外線でじっくりと約40日間も熟成させているので、栄養素もしっかりと増加しています。

青森県で収穫される福地ホワイト6片だけを使用しているので品質も素晴らしいですよ。

2014年にはITQI(国際味覚審査機構)の審査で最優秀味覚賞である三ツ星を獲得した世界各国の一流のシェフやパティシエにも認められた程です。

低温熟成で作られた品質の高い黒にんにくをお探しであれば、岡崎屋の純黒にんにくがおすすめです。