黒にんにくの画像

黒にんにくに副作用ってあるの?食べ過ぎるとどうなる?

健康や美容のため、疲労回復のために黒にんにくを食べるのが徐々に人気になってきていますね。

ところで、普通のニンニクを発酵させて作った黒にんにくには副作用があるのでしょうか?

また黒にんにくの目安は1日1粒から3粒といわれていますが、それ以上食べ過ぎた場合に体に異変などが起こるのか調べてみました。

黒にんにくに副作用はあるの?

黒にんにくは食品なので副作用というのは特にありません。

薬などであれば副作用がある場合もありますが、黒にんにくは完全に食品ですし、にんにくを低温で熟成させただけで、添加物なども使用していないので副作用を心配する必要はありません。

黒にんにくには免疫力をアップさせる働きもあるので、風邪などを引いたときも症状が軽いうちなら黒にんにくを食べれば、副作用がある風邪薬などを飲む必要がなくなるかもしれませんね。

黒にんにくを食べ過ぎるとどうなる?

黒にんにくを食べ過ぎると下痢や胸やけをおこすという方もいるようですが、食べ過ぎってどんな食材でも良くないですよね。

黒にんにくには体に良い作用があるのは間違いないのですが、たくさん食べたからといって効果がどんどん上がるわけではありません。

1度にたくさん食べるよりも、適量である1日1粒から3粒を目安に継続して食べるようにしたいですね。