国産の黒にんにくを選ぶときに気を付けたい3つのポイント!

国産の黒にんにくといっても、いろいろあるのでどれを選んだらいいかわからないという方もいますよね。

一概に黒にんにくといっても、国産のにんにくを使用しているものもあれば安い中国産のにんにくを使用しているものもあります。

もちろん品質がいいのは国産のにんにくを使用したものですが、日本で生産されているにんにくも品種が違います。

黒にんにく選びにも大切なポイントがあるので、注意して選びましょう。

黒にんにくは低温熟成でなければ栄養素が増加しない!

黒にんにくを通販しようという方は、やはりその健康効果を狙ってのことだと思います。

実際黒にんにくを食べると、疲れがとれやすい、風邪をひきにくくなった、などを実感する方も多いのですが、それは黒にんにくに含まれる栄養素が理由となっています。

普通のにんにくを黒にんにくにすると、にんにくに含まれる栄養素が増加するため色々な効果効能が発揮されるのですが、黒にんにくを熟成させる際に低温熟成させないとこの栄養素があまり増加しないこともわかっています。

なので黒にんにくの栄養素をしっかりと摂取したいという方は、低温熟成で作られた黒にんにくを選ぶことがポイントです。

栄養成分が開示されている商品を選びましょう!

次に重要なのが、黒にんにくの栄養成分を分析して開示しているところで購入した方が失敗の可能性が少なくなります。

黒にんにくといっても、実際に栄養成分が増加しているのかは見た目ではわかりません。

ですので、栄養成分を分析して数値を発表している販売店から購入することをおすすめします。

上記でもいったとおり、低温熟成させたものでないと栄養素はあまり増えません。

せっかく黒にんにくを買っても栄養素の増えていないものだったら食べる意味がなくなってしまいます。

国産の有名品種である福地ホワイト6片を使用!

国産のにんにくにも何種類かの品種がありますが、一番有名なのは青森県南地方で多く栽培されている福地ホワイト6片です。

日本の九州や四国などで栽培されているにんにくは一玉に12片前後なる品種が作付けされていますが、寒冷地である青森県の福地ホワイト6片は一玉6片前後の大きなにんにくが栽培されています。

福地ホワイト6片は味や形、品質などどれもが高いレベルなのでこれを黒にんにくにしたものが最高の黒にんにくといえます。

国産の黒にんにくを選ぶなら、品質がよいといわれている福地ホワイト6片を使用した黒にんにくを選ぶのがベストな選びかたといえますね。

3つの条件があてはまる国産の黒にんにくはこれ!

上記にあげた3つの条件にあてはまる黒にんにくといえば、岡崎屋の純黒にんにくです。

岡崎屋はにんにく生産日本一の青森県の田子村にある黒にんにく製造会社で、周辺で栽培された福地ホワイト6片を使用しています。

黒にんにくを製造するさいに使用する機械も、遠赤外線を使った最新の熟成設備を導入していて、40日間という長いあいだ低温で熟成させています。

岡崎屋では純黒にんにくに含まれる栄養素をホームページで開示しているので、栄養素がどれくらい増加しているか見ることができます。

栄養素の比較グラフを見ると、何倍になっているのかわかるので一度見てみることをおすすめします。

国産の黒にんにくを探しているなら、岡崎屋の純黒にんにくを通販してみることをおすすめします。