黒にんにくの画像

黒にんにくはいつ食べたらいいの?効果的なタイミングは?

黒にんにくを食べる時間帯で最も効果的なタイミングっていつなのでしょうか?

黒にんにくは普通のにんにくと比べると栄養素がたくさん入っているので、効果が一番感じられるタイミングで食べたいですよね。

朝食、昼食、夕食のどの時間帯がいいのでしょうか?

黒にんにくを朝に食べるとどう?

朝は人間の身体が1日の中で最も酸化している時間帯です。

なので抗酸化作用の強い食事をとることが大切といわれています。

この観点から見ると、黒にんにくは抗酸化作用が普通のにんにくに比べて数倍になっているので朝食に食べるのは良さそうですよね。

また、朝食は塩分の摂り過ぎに注意する必要があり、摂りすぎると血圧が上がりやすくなるのですが、黒にんにくは塩分がほぼ入ってないといえるレベルなので大丈夫ですね。

黒にんにくを昼に食べるのはどう?

昼食に黒にんにくを食べるのも問題はないと思います。

ただし、朝の時間帯に比べるとお昼に食べるべきという理由も特に見当たりません。

また仕事に行く場合は、お昼に黒にんにくって感じでもないですよね。

昼に食べるよりは朝の方がメリットがありそうです。

黒にんにくを夕食に食べるのはどう?

夕食は人によって食べる時間も全然違うと思うので、一概に夕食と言っても18時に食べる人もいれば仕事が終わって22時くらいに食べる人もいますよね。

夕飯と一緒に食べるメリットがあるかと言われるとなさそうですが、昼と同じで効果がないとか駄目というわけではないですね。

黒にんにくで筋トレ効果をあげるタイミング!

黒にんにくにはアミノ酸が豊富に含まれているので、筋トレやダイエットにも良さそうですね。

トレーニング効果を高めたい人は30分前に食べましょう。

アミノ酸は30分程で体に吸収されるので、トレーニングの効果をアップさせる働きが期待できます。

トレーニングが終わったら30分後にまた食べましょう。

トレーニング後は成長ホルモンが分泌されやすくなるので、筋肉の回復と成長ホルモンの分泌を促進するために、アミノ酸を補給することが大切です。

さらに就寝30分前にも食べると睡眠中に筋肉の回復と成長をサポートしてくれます。

トレーニングではないですが、身体を動かす仕事の人は朝食に食べるのが良さそうですね。

黒にんにくはいつ食べたらいい?のまとめ

筋トレ目的以外の人は朝に食べるのが良さそうですね。

さらに上記には書いていないのですが、黒にんにくを就寝30分前に食べるとアルギニンというアミノ酸が入眠3時間後に分泌される成長ホルモンを活発化させてくれます。

成長ホルモンは代謝の促進と疲労回復を促すホルモンです。

女性にとって肌細胞の新陳代謝はとっても重要ですよね。

また髪の毛の悩みなども、成長ホルモンによって毛母細胞を活性化させるといわれているので、髪の成長にも役立ちそうです。

上記のことから、就寝30分前と朝に食べるのが良さそうです。

黒にんにくは1日の目安が1粒から3粒といわれているので、朝と寝る前に1粒ずつ食べるのが最も効果的といえるのではないでしょうか。